美容皮膚科医まのえいこによる大人にきび、しみ、しわの美容医療

OUT LINE

治療方針 ニキビについて

「ケミカルピーリング」をしないという信念。ア

Dr.マノメディカルクリニックにお出でになる方には、 「これまでいろいろなことを試してみたけれど、どうしてもよくならなくて…」と、おっしゃる方が少なくありません。

そんな時に思うのです。「もっと早く、私のところに来てくださっていたら」と。そのような方の中には、根本的な治療ができていないばかりか、間違った方法やお手入れでかえって症状を悪化させてしまっていたり、お肌にダメージを与えてしまっているケースが、少なくないからです。

たとえば、私はニキビの治療に、「ピーリング」という方法を使いません。 私が信念をもって、ニキビの治療にケミカルピーリングを使っていないと言うと、みなさんがとても驚かれます。

なぜならケミカルピーリングは、現在、ニキビの治療に多く使われている方法だからです。ケミカルピーリングというのは、皮膚表面を酸の力でケミカル(化学的)に溶かし、強制的に肌の角質層をピールする、すなわち、角質層を剥ぐのです。肌が乾燥するので、皮膚の表面の脂分を取るにはいい手段。
とりあえずは、オイリースキンの人たちには、一時的にいい効果があらわれます。

けれども、角質は肌を守る大切なもの。 ケミカルピーリングで、角質を強制的に取り除くため、角質層がダメージを受けます。すると、水分の保持能力が低下して、みずみずしい肌からは遠ざかってしまいます。

ケミカルピーリングの原理は、ニキビ用の強い石けんで、顔を洗うのと同じことです。そのようなことのために、わざわざ高いお金を支払わなくても、安い料金で同等の効果を得る方法があります。ただ、どちらの方法も、ニキビの芯がとれないので、ニキビが繰り返しできてしまうのです。

ケミカルピーリングを繰り返すことで、肌はダメージを受け、どんどん潤いやなめらかさが失われ、人によってはかぶれたり、くすんだり、赤黒くなってきたり…。けれども、ニキビの硬い芯は肌の中にそのままあるので、確かに肌の表面の脂は取れますが、しこりのような凹凸が残ってしまいます。

さらに、ピーリング後はUVクリームなどを、必ず塗らなくてはなりません。ただし、UVクリームは毛穴を詰まらせるので、再びニキビをつくりやすくします。これでは、何のためにピーリングをしたのかわかりません。ピーリングしたことが、ただムダになるだけです。

ピーリングすることで肌そのものが弱くなったり、肌が乾燥することで、乳液やクリームを塗らなければならなくなり、ニキビが悪化してしまうこともあります。表皮の皮脂を取り去っておいて、もう一方で、UVクリームなどといったとてもオイリーなアイテムで、毛穴をつまらせているのです。そして、これがニキビの原因になっている人もいます。

「美しく治す」ためのDr.マノオリジナル「ニキビ治療法」

私はニキビの根本治療として、その芯をきちんと取りたいのです。

角質にダメージをあたえず、肌を美しく保ちながら「ニキビの芯」を取り除く。
それが、Dr.マノの治療方法のポイントなのです。

また、現在でも、ニキビ治療に抗生剤が処方されることが多いのですが、抗生剤を長期にわたって服用することは、女性の体にとっては決していいこととは言えません。服用を続けなければいけないし、また、服用中は症状がおさまっても、服用を止めた途端、またニキビができてしまったりすることもあります。一時的に改善しても、だんだん耐性ができて、効果が出なくなるばかりか、カンジダ症になる人も多くみられます。抗生剤は、化膿止めなので、おできのような化膿したものには一時的には有効ですが、芯が残っているので、再発しやすいのです。

大人のニキビは、思春期を過ぎた硬いしこりのものが主なので、ほとんどの方が抗生剤を服用しても効果が見られず、「治療しているけれども治らない」とおっしゃって、Dr.マノメディカルクリニックにいらっしゃいます。

化膿したニキビが一時的におさまっても、その中にあるニキビの芯は、肌の中にそのまま残っています。そのため、ニキビが繰り返し出てくるのです。同じところに何度もできるニキビは、炎症をくり返すため、だんだん赤紫色や茶色などの色素沈着、そして黒のシミなどへと変化していきます。
これでは、「美しく治す」ことにはなりません。

私は、ニキビの治療に、「吸引」という方法を用います。また、目に見えている大きなニキビだけを治すのではなく、小さくて目立つ前のニキビや、ニキビになる前の段階の「ニキビの芽」のうちに、しっかりとなくしていきます。

これが、Dr.マノオリジナルのニキビ治療法です。 まず、Dr.マノが独自に開発した角栓をやわらかくするパックをした後、角栓とニキビの芯を吸引します。圧出したり、無理にとるのではないため、肌に負担をかけたり、痕を残したりすることがありません。

また、Dr.マノの治療は、治したいニキビを集中的に治療し、さらに肌全体の透明感をひきだしていきます。単に、ニキビがなくなればいよいというのではなく、その痕も残さず、肌全体を美しく仕上げるという方法です。

それが、「ただ治すだけでなく、美しく治す」という私の治療の原点なのです。

大人ニキビバナー

ニキビ治療

シミ治療

ボトックス

花粉症対策

女性科

患者と私たち

美容皮膚科医まのえいこブログ

Dr.MANO Beauty Online Shop

美肌通信